遊園地の花形といえば観覧車!乗らなくても楽しめる|Rafting Boat

目次

みんなで乗れる

観覧車は遊園地やデパートの屋上などにありますが、高いところからゆったりと景色を見られるという点で行ったところに観覧車があれば乗りたいという人はたくさんいます。この観覧車は世界中にあって日本国内でも様々なところで乗ることができます。高速で動く乗り物ではないので大人も子どもも一緒に楽しむことができること、ひとりでも乗れますが乗れる定員はひとりではなく複数乗れるというこことが観覧車の魅力のひとつかもしれません。

取り残されないようにする

観覧車は人が乗ったらそれを確認して動き始めるという乗り物ではなくずっと回り続けているという点で注意する必要がある乗り物です。観覧車にはゴンドラがいちばん下の位置に来たところで乗り込みますが、そのときもゴンドラはゆっくり動いています。ゴンドラが下にいる時間はそう長くはないので、その間に自分も動いて乗り込むのが上手な乗り方です。何人かで乗るときに最後の人が乗り遅れないように気をつけることが重要です。もちろん係の人がいるので大丈夫ですが、乗り遅れないようにするという意気込みは必要かもしれません。

ゆっくり動くのは他にない

観覧車といって知らない人はいませんが、この乗り物の構造を考える人はあまり多くはないかもしれません。大きな車輪のようなフレーム上に一定間隔にゴンドラが取り付けられている乗り物が観覧車です。高いところからの景色を見ることを楽しむための乗り物ですが、ゆっくりと景色を見るために常時ゆっくりの低速運転で動いています。遊園地などにはスピードが出ることでスリルを味わうための乗り物もたくさんありますが、そんな中でちょっと違う存在だと言えるのではないでしょうか。

乗るだけではない

観覧車は明治時代にはすでに存在していたとされていますが、イルミネーションが灯るような観覧車は1990年代からで、現在の多くの観覧車にはその機能が搭載されているそうです。もちろん観覧車は楽しむために乗るものですが、イルミネーションが搭載されたことで、下からの電飾を見るという楽しみかたも加わりました。

広告募集中